地域活動について

「アドプト・プログラム」は身近な道路、川など、まちに愛着をもってもらうという目的で始まりました。街の美化にとどまらず、安全や教育、高齢者問題、賑わいづくりなど、様々な地域課題を解決するために、官・民・産・学が一体となって進んでいます。
多岐に渡るボランティア活動の根源は、「笑顔にすること」「笑顔になること」であると捉え、地域力再生につながる新たな試みである「笑働OSAKA」を旗印に掲げ、”笑顔あふれる大阪”の未来図を皆さんと共に描いていきたいと考えています。

アドプト・リバー

河川美化による地域環境の改善、不法投棄の防止などに役立てることをねらいとしています。美化活動区域も河川によってそれぞれです。清掃や除草以外に、地域や河川に応じた種類の花の栽培を協力いただくことがあります。

アドプト・リバー

アドプト・ロード

道路(歩道部)の一定区間を、継続的に清掃や緑化などの活動を実施していただいています。「地域に愛される美しい道路づくり」「住民と行政との新たなパートナーシップの構築」を目指しています。

アドプト・リバー

みどりの風の道

大阪府では東大阪地域にみどりを増やすため、国道308号にて緑化工事を行っています。地域と一体となったみどりづくりを進めていくため、歩道の植樹帯に地域の方々、企業、店舗が協力して維持管理を進めていく立体的な花壇を設置します。

アドプト・リバー

アドプト・シーサイド

海岸や港湾の一定区間を継続的に美化活動を行い、地域に愛されるきれいな海岸・港湾環境の保全に取組むものです。海岸や港湾の清掃や除草に併せて、ハマボウフウをはじめ貴重な海浜植物の保護や、地元漁協と連携した稚魚の放流など特色のある取組みも行っています。

アドプト・リバー

アドプト・ライト

道路照明灯の維持管理に協力していただき、安全で安心なまちづくりをすすめるものです。照明灯の光の確認と府への連絡をお願いしています。

アドプト・リバー